2019/09/10発【パブとギネスとケルズの書】
ケルトの国 アイルランド周遊の旅 11日間

2019/09/10発【パブとギネスとケルズの書】ケルトの国 アイルランド周遊の旅 11日間

2019年9月10日(火)発~9月20日(金)着  11日間…¥458,000(羽田発着10日間¥453,000)

一人部屋利用追加料金 ¥69,000(羽田発着10日間¥66,000)

■アイルランド西部の中心地ゴールウェイにはたっぷり3連泊し、周辺に広がるアラン諸島やモハーの断崖などの魅力あふれる見どころを訪ねます。また、ご希望の方は、アイリッシュ・パブへもご案内します

■北アイルランドでは、世界遺産ジャイアンツコーズウェイはもちろんのこと、世界最古のウイスキー蒸留所・ブッシュミルズにもご案内します。

■アイルランドは美食の国とも呼ばれ、特に魚介類や牛、羊肉が人気です。多くの場所で、あえて昼食は含めておりませんので、それぞれの土地でお好きなものを選んでお召し上がりいただきます。もちろん添乗員がご案内いたしますのでご安心ください。

■季節的に紫色のヒースが、ご覧いただけるかもしれません。

 

アラン諸島・イニシュモア島

アラン諸島・イニシュモア島

アイリッシュ・パブ(イメージ)

パブにもご案内します

アイリッシュ・パブ(イメージ)

[youtube]

ゴールウェイのパブ「クレインバー」(イメージ)

ドルメン(バレン高原)

モハーの断崖

モハーの断崖(イメージ)

ゴールウェイに3連泊です

謎のキャロウモア遺跡

ベンブレベン山の麓・スライゴ

ドラムクリフのラウンドタワー

ドネゴール

世界遺産ジャイアンツ・コーズウェイ

ジャイアンツ・コーズウェイ

ジャイアンツ・コーズウェイ

世界最古のブッシュミルズ・ウィスキー蒸留所

モナスターボイス修道院跡

ケルト十字のハイクロス(モナスターボイス)

世界遺産ニューグレンジ

ニューグレンジ遺跡

ニューグレンジ遺跡

テンプルバー(ダブリン)

ケルズの書・ヨハネ福音書(トリニティー・カレッジ)

国立考古学博物館(ダブリン)

国立考古学博物館(ダブリン)

アイルランド国立美術館(ダブリン)

ギネスビール工場へもご案内します

本場のギネスをどうぞ

アイリッシュ・シチュー(イメージ)


世界遺産 ニューグレンジ遺跡

首都ダブリンから北西へ約60km、緑の丘が続くボイン渓谷に約5000年前の生活や宗教を知る上で貴重な発見となったニューグレンジ遺跡があります。直径100m、石を積み重ねられて造られた墳墓の上部は、周辺の景色と同じように緑に覆われ、長い時の流れを感じさせます。埋葬、葬祭の場所として使用された遺跡の内部、また室内だけでなく遺跡の入り口に置かれた石や外周に残された石版にも、渦巻き状や菱形模様が隙間なく刻まれ、ケルト芸術の源をこの遺跡で見ることができます。


ニューグレンジ遺跡

 

「シャムロック」の国 アイルランド

 アイルランドのシンボル「シャムロック」とは、3つ葉のクローバー(シロツメクサ)のように、一本の茎に3枚の葉をもつ植物のことを意味するアイルランド語です。シャムロックが象徴になったのは、アイルランドの守護聖人・聖パトリックがアイルランドで布教を続ける際に、三位一体の説明をわかりやすくするために使用したのがきっかけと言われています。しかし、キリスト教が布教される以前から、ケルト人は3という数字に特別な力を信じていたといわれ、昔から3枚の葉を持つシャムロックは、神聖さの象徴だったと思われます。そのため、国民の緑色に対する愛情も深いようで、国旗、街を走る路線バス、郵便ポストなどさまざまなところを緑色で飾っています。年間を通して寒暖の差が少ない気候のため、一年を通じて大地から緑が消えることはありません。アイルランドで幸運のシンボル・シャムロックを妖精の国で探してみませんか。

 

 ★ツアースケジュール、宿泊地、見どころなどの詳細はこちら