2023年04月02日発
『宮古ブルー』を堪能する宮古諸島の旅 6日間【催行間近】

2023年04月02日発『宮古ブルー』を堪能する宮古諸島の旅 6日間【催行間近】

2023年04月02日(日)発~04月07日(金)着 6日間…¥282,000
一人部屋利用追加料金:¥48,000

■沖縄随一の美しさを誇る『青の楽園』宮古島に5連泊します。
■皆さんが期待する宮古ブルーがご覧いただけるのが3月から5月となります。
■サンゴが隆起してできた宮古島諸島には川がないため、沖縄の中でも海の美しさが群を抜いています。
■宮古諸島の5つの島(宮古島・池間島・来間島・伊良部島・下地島)は橋でつながり、コバルトブルーに輝く海を堪能できる絶景スポットが多数です。宮古の「聖域」大神島も含め、計6島を訪ねます。

Read More

2023年04月11日発
あんずの里を訪ね、
ピンク色に染まるラダックの春を巡る旅 11日間
【催行間近】

2023年04月11日発あんずの里を訪ね、ピンク色に染まるラダックの春を巡る旅 11日間【催行間近】

2023年04月11日(火)発~04月21日(金)着…¥654,000
お一人部屋利用追加料金:¥97,000
ビジネスクラス利用追加料金[国際線区間のみ]:¥200,000

■可憐なピンクの花々を求め美しい早春のあんずの山里へ■
Dヒマラヤ山岳地帯の遅い春が始まるころ、インド最北部・ラダックの谷には無数のあんずの花が咲き誇ります。荒涼とした渓谷を染め上げるあんずの果樹園のピンク色の花と白い雪を頂いたヒマラヤの峰々。この大自然の色彩美を楽しめるのはこの時期ならではです。

■「花の民」の暮らす村を訪問■
Gアーリアン渓谷のダー村とガルコン村では、色とりどりの花々とホオズキを頭に飾り、盛装した「花の民」と呼ばれる女性の村人たちに出会えます。この「花の民」とも呼ばれているドクパ族の女性たちは、日頃から季節の花々を頭に飾り付ける習慣を持っています。ドクパ族は、最後のアーリア系仏教徒民族として知られ、ダー・ハヌー地方に総人口約3000人が暮らしている少数民族です。

Read More

2023年05月08日発
色彩の国 チュニジア周遊
        ボン岬半島から最果てのクサールへ 13日間【催行間近】

2023年05月08日発色彩の国 チュニジア周遊         ボン岬半島から最果てのクサールへ 13日間【催行間近】

2023年05月08日(月)発~05月20日(土)着…¥568,000 
お一人部屋利用追加料金 ¥78,000
【旅行代金には燃油サーチャージが含まれております】

◆地中海の白い街ハンマメットに2泊します。
◆チュニジア最果てのベルベル人村落、クサール・ウル・ドゥバブやクザー・ダハラを訪れます。
◆ドゥーズ郊外のエルファウアにて、サハラの波打つ砂丘を4WDでドライブします。
◆ボン岬半島では、世界遺産ケルクアン遺跡の他にも、ケリビアの遺跡、半島最先端エル・ハウアリアへもご案内します。

Read More