2022年11月19日発
『真紅の世界』紅葉の播州・はりま路を往く 6日間【決定間近】

2022年11月19日発『真紅の世界』紅葉の播州・はりま路を往く 6日間【決定間近】

2022年11月19日(土)発~11月24日(木)…¥268,000
一人部屋追加料金¥42,000

ツアーのポイント
■兵庫県の紅葉の名所を中心に巡ります。播州清水寺と好古園はライトアップに時期に合わせました。夜の紅葉もお楽しみください。
■姫路城は専門のガイドを付けてじっくりと見学します。
■紅葉の他にも、朝霧の竹田城跡や荒牧バラ園などこの時期にしか見られない名所へご案内いたします。

Read More

2022年11月20日発
紅葉の奈良逍遥と飛鳥の旅 6日間【決定間近】

2022年11月20日発紅葉の奈良逍遥と飛鳥の旅 6日間【決定間近】

2022年11月20日(日)発~11月25日(金)着・・・¥282,000
一人部屋追加料金:¥39,500
《ツアーのポイント》
■飛鳥・奈良の歴史の舞台を定番スポットから穴場まで
6日間かけてじっくりと巡るツアーです。
■世界遺産に指定されている「古都奈良の文化財」8つ
の遺産すべてを巡ります。
■高松塚古墳壁画館も見学いたします。
■紅葉のシーズンに合わせました。奈良公園や談山神
社、長谷寺など紅葉の名所を巡ります。
■郷土料理の他にもフレンチや中華の名店などバラエ
ティに富んだお食事をご用意いたします。

Read More

2022年12月05日発
ビバ☆メキシコ~マヤ遺跡群と絶景アグア・アスルの旅
13日間【決定間近】

2022年12月05日発ビバ☆メキシコ~マヤ遺跡群と絶景アグア・アスルの旅 13日間【決定間近】

2022年12月5日(月)発~12月17日(土)着 13日間…¥682,000
一人部屋利用追加料金 ¥72,000
[旅行代金には¥75,000相当の 燃油サーチャージが含まれております。]

ツアーのポイント
■日本とメキシコを結ぶ直行便アエロメヒコ航空を利用することで、お身体に無理なく最短ルートでメキシコに入ります。
■石灰岩の棚田とコバルトブルーの水流のコントラストが美しいアグア・アスルへご案内します。ユカタン半島の神秘の泉セノーテも観光いたします。
■マヤ最大のチチェンイッツァ遺跡をはじめ、ウシュマル遺跡、カバー遺跡、マヤ文明古典期のパレンケ遺跡など、マヤ文明が残した素晴らしい遺跡群、そして未だ謎の多い神秘に満ちた巨大都市遺跡テオティワカン遺跡など、メキシコ有数の遺跡群をご案内いたします。
■宝石箱をひっくり返したようなメキシコ1美しいカラフルな街・グアナファトに連泊します。パステルカラーの要塞都市カンペチェにもご案内します。
■メキシコ国民食のトルティーヤ、タコス、アボカド料理やタロイモ、キャッサバなど、多彩なメキシコ料理をお楽しみください。
■メキシコ音楽の生演奏や名産のテキーラ、そして陽気なメキシコの人々と、遺跡と町以外にも多彩な魅力溢れるメキシコをご案内します。

Read More

2022年12月29日発【年末年始の旅】
“海の上を走る列車”パーンバン橋とポンディシェリのバックウォーター
         ~ タミルナドゥ縦断とラメシュワラムの旅 10日間

2022年12月29日発【年末年始の旅】“海の上を走る列車”パーンバン橋とポンディシェリのバックウォーター          ~ タミルナドゥ縦断とラメシュワラムの旅 10日間

2022年12月29日(木)発~2023年1月7日(土)着…¥599,000 
お一人部屋利用追加料金 ¥79,500 
ビジネスクラス利用追加料金 ¥294,000

◆古代から中世にかけての華やかなドラヴィダ文化の中心地タミルナドゥ1州に絞ったツアーです。
◆インドとスリランカを隔てるポーク海峡に架かるパーンバン橋[全長2065m]を往路はバスで、復路は列車で横断します。
◆ラーマーヤナ物語の名シーン、ハヌマンたちによるシータ姫救出の舞台・ラクシュワラムを見学します。
◆タミル人の国チョーラ朝の栄華を偲ばせる、3つの世界遺産を含む壮麗なドラヴィダ様式6大寺院建築をご案内します。“色彩の洪水”と“幾千もの神々のレリーフ”をお楽しみください。
◆インドにおけるフランス植民地の中心地ポンディシェリに連泊します。“フランスの残り香が楽しめるインドの街”という不思議な体験です。バックウォーターのボートトリップにもご案内します。

Read More

2023年01月31日発
フォルクローレの祭典カンデラリア祭観賞と
インカの財産ワクラプカラ神殿・コルカ渓谷コンドル観察の旅 12日間

2023年01月31日発フォルクローレの祭典カンデラリア祭観賞とインカの財産ワクラプカラ神殿・コルカ渓谷コンドル観察の旅 12日間

2023年 01月31日(火)発~02月11日(土)着 …¥745,000
お一人部屋利用追加料金 ¥72,000

■ペルーが誇る民族文化、民俗芸能の祭典カンデラリア祭を2日に渡ってご覧いただきます。
■謎に満ちたインカの聖地ワクラプカラ神殿を見学いたします。近年発見された神殿群のひとつで、周辺の景色も素晴らしくマチュピチュ遺跡のように下からは見ることのできない遺跡です。まだまだ観光客も少ない場所なので静かに神聖な場所を満喫するのに最高の遺跡です。
■高山病対策として、連泊を2回組み込み、ゆっくりと高度を上げてまいります。比較的お身体にやさしい日程となっております。また念のため、添乗員もパルスオキシメーター(血中酸素飽和度測定装置)を持参し、現地にてご参加者の健康チェックを行います。
■空中都市マチュピチュをじっくり見学するため、マチュピチュ村(旧アグアス・カリエンテス)に宿泊いたします。
■クスコからプーノまではしっかりと整備された陸路を移動し、雄大なアンデスの山々をご堪能いただきます。
■プーノにも連泊し、先住民が暮らすトトラの浮き島をウロス島観光します。
■“コンドルは飛んで行く”コルカ渓谷でコンドル観察にもご案内します。

Read More

2023年04月11日発
あんずの里を訪ね、ピンク色に染まるラダックの春を巡る旅 11日間

2023年04月11日発あんずの里を訪ね、ピンク色に染まるラダックの春を巡る旅 11日間

2023年04月11日(火)発~04月21日(金)着…¥654,000
お一人部屋利用追加料金:¥97,000
ビジネスクラス利用追加料金[国際線区間のみ]:¥200,000

■可憐なピンクの花々を求め美しい早春のあんずの山里へ■
Dヒマラヤ山岳地帯の遅い春が始まるころ、インド最北部・ラダックの谷には無数のあんずの花が咲き誇ります。荒涼とした渓谷を染め上げるあんずの果樹園のピンク色の花と白い雪を頂いたヒマラヤの峰々。この大自然の色彩美を楽しめるのはこの時期ならではです。

■「花の民」の暮らす村を訪問■
Gアーリアン渓谷のダー村とガルコン村では、色とりどりの花々とホオズキを頭に飾り、盛装した「花の民」と呼ばれる女性の村人たちに出会えます。この「花の民」とも呼ばれているドクパ族の女性たちは、日頃から季節の花々を頭に飾り付ける習慣を持っています。ドクパ族は、最後のアーリア系仏教徒民族として知られ、ダー・ハヌー地方に総人口約3000人が暮らしている少数民族です。

Read More