経営理念

  • 旅とは文化の創造です。世界紀行は文化を担う企業として、人の往来、文化の交流を通じて国際親善と国際交流を促進し、世界平和に寄与する旅行業者の社会的使命と責任を全うします。 また、自然や文化財とのふれあいの機会を積極的に創出することにより、かけがえのない自然資源、文化遺産を大切に扱う人々の心の輪を広げます。
  • 旅行会社の仕事は、旅という、形のない「夢」を売ることです。いい旅を作り、人の夢をかなえ、人に喜びを与え、旅を通して、出会い、感動、学び、健康、やすらぎの種を蒔き、溌剌たるよろこびに満ちた社会を花開らかせていく。それが世界紀行のミッションです。
  • 常に可能性を信じ、明日の旅行文化の向上を目指して、独創的な旅づくりに努めます。顧客満足度および付加価値度の高い、最高の旅行商品・最高のサービスを誠意を持って市場に提供し、お客様の満足を追求します。
  • 法令を遵守し、公正かつ透明であることを全ての企業活動の根底に据え、旅行の安全と旅行者の利便増進に資することを目指して節度ある企業活動を行います。また、事業パートナーとも公明・公正な関係に徹し、相互の繁栄を目指します。
  • 人々の交流の拡大を通じて地域社会の発展に貢献し、地域に密着した企業活動により、地域の文化水準の向上に取り組みます。
  • 社員全員の知力とサービス力を高めることが世界紀行の企業としての生命線です。全社員が自律した行動に基づき、能力と個性を発揮し、新たな価値を創造し続けます。また、何事にも現状に疑問をもち、常に積極的な改善を心がけます。
  • 会社は、理想を追求する場であり、そこで働く社員が豊かになるためにあります。世界紀行で働く社員は、経営意識を持ち、そのために多くを学び、そして顧客に対して責任を持ち、高い価値を提供することが重要であり、存在価値を得ることになります。さらに、 自助努力による安定した確実な経営を基盤に、環境の変化に的確に対応できる、働き甲斐のある職場作りを目指します。
  • 社員の働く意欲と、仕事への誇りと能力を高め、顧客の満足を保証する方向で企業活動を推進します。そのため、社員が常に自らを磨くために働き、進んで仕事に取り組めるような企業風土づくりに努めます。

 

■個人情報保護方針(プライバシーポリシー)

  • 株式会社世界紀行(以下当社)は「個人情報の保護に関する法律」に基づき、個人情報の重要性を再認識し、関連条文について遵守し、個人情報の保護に努めます。
  • 当社は、適法かつ公正な手段によって、個人情報を取得いたします。
  • 当社は、「参加申込書」に記載された個人情報について、お客様との連絡のために利用させていただくほか、お客様がお申込みいただいた旅行において運送・宿泊機関の提供するサービスの手配及びそれらのサービスを受領するための手続きに必要な範囲内で利用させていただきます。その他、当社ではより良い旅行商品の開発や、当社の旅行商品のご案内をお客様にお届けするために、お客様の個人情報を利用させていただくことがあります。また、当社は電話、ハガキ、ファクシミリ、電子メール等による資料請求やお問合せでいただいた、お客様の個人情報について、お客様との連絡のために利用させていただくほか、より良い旅行商品の開発や、当社の旅行商品のご案内をお客様にお届けするために、お客様の個人情報を利用させていただくことがあります。
    その他、明らかとされる利用目的以外ではお客様の個人情報を利用いたしません。
  • 当社は、法令に定める場合を除き、個人情報を事前に本人の同意を得ることなく、第三者に提供いたしません。
  • 当社は、個人情報の正確性を保ち、これの適正で安全な管理を実施いたします。個人情報保護管理者を任命し、役員及び従業員に対し、個人情報の保護及び適正な管理方法について指導し、日常業務における個人情報の適正な取扱を周知徹底させ、これを維持し、継続的に改善いたします。
  • 当社は、本人が自己の個人情報について、訂正、追加、削除を含む個人情報の開示請求権を有していることを確認し、これらの請求がある場合にはご本人様の本人確認が取れ次第、異議なく速やかに対応いたします。

 

■行動倫理規範(コーポレート・ポリシー)

  • 私たちは、健全な海外旅行を推進することにより、国際交流や国際社会における相互理解に貢献します。その目的のため、お客様に旅行先の風俗、習慣、生活様式、宗教、歴史などに関する適切な情報を提供するとともに、旅行地において施行されている法令に違反する行為を行なったり違法なサービスの提供の斡旋またはその便宜を供与することは一切いたしません。
  • 私たちは、将来の世代が海外旅行を楽しむことができるよう、持続可能な観光を目指します。そのために、その土地の文化と社会制度に敬意を払い、旅行地の自然環境と文化遺産を守ります。
    世界中の子どもの性的虐待や搾取にかかわる観光には積極的に反対し、旅行と観光における性的搾取から子どもたちを保護するための行動に協力します。

 

■安心安全に関する基本方針

当社は、旅行の安全確保が旅行事業者の社会的使命と深く認識し、全社員にその意識の徹底を図り、旅行安全マネジメント体制の維持、及び継続的な改善に努めるため、次のとおり安全方針を定め、周知徹底します。

  • 安全管理責任者は、旅行の安全確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、全社員にその重要性を認識させると共に、社内で主導的な役割を果たし、経営トップから現場まで一丸となった安全確保のための体制づくりを行います。
  • 旅行安全マネジメントを確実に実施し、全社員が一丸となって業務を遂行することにより、絶えず旅行の安全性の向上に努めます。
  • 旅行の安全に関する情報について、積極的に公表します。
  • 旅行安全マネジメントの徹底により、継続的な見直しと改善に努めます。緊急対応時に向けた定期的な訓練を実施します。

 

安心安全に関する重点施策
安全方針に基づき、次の項目の取り組みを重点施策とします。

  • 旅行の安全確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令に定められた事項を遵守します。
  • 旅行の安全に関する内部チェックを行い、企画・手配・催行の各段階において安全確保ための手段を講じ、必要な是正措置、又は予防措置を講じます。
  • 旅行の安全に関する情報の連絡体制を確立します。事故対策マニュアルの整備・更新を行い、全社員に周知徹底します。
  • 旅行の安全に関する教育及び研修を的確に計画・実施いたします。安全こそが最大のサービスであろことを全社員に理解徹底をはかります。
  • 海外危険情報の旅行者への伝達について、添乗員、及び従業員に周知します。

 

事故防止ために

  • ゆとりある日程の設定を最優先、第一条件とします。
  • ツアーには、社員添乗員を配置することで、迅速な状況把握と迅速、的確、かつ正確な対応指示をはかります。
  • バスに関しては、安全運転を全てに優先させます。国内旅行におけるバス会社の選定に関しては、緊急時の対応力や保険の加入状況を考慮し総合的に判断します。