Fin.【悠久の歴史と美食の島】
地中海の十字路 シチリア島紀行 10日間

Fin.【悠久の歴史と美食の島】地中海の十字路 シチリア島紀行 10日間

 ↑漁村チェファルー

※こちらのツアーの募集は終了いたしました。

2020年10月26日(月)発~11月4日(水)着  10日間…¥450,000

一人部屋利用追加料金 ¥52,000

(羽田発着:¥440,000)

 シチリア島は、古代ギリシャ、フェニキア、ローマをはじめ、中世のビザンチン、イスラム、そしてノルマン、さらにはフランスやスペイン、ドイツの支配下で多様な文化が培われたため、どの町にも古い時代の建物が美しい風景の中に良く残り、歴史の重なりが強く感じられます。 また、地中海の明るい陽光と自然の豊かさとが結びついた食文化が生み出す『美味しい料理』は旅行者を幸せな気持ちにさせてくれるでしょう。このコースでは、シチリアの魅力を存分に味わっていただけますよう、シチリア島だけに訪問地を絞り、地中海の十字路として、古代からの歴史と伝説が息づく美しい街々を10日間の日程でゆっくりとご案内いたします。

 

 ツアースケジュール・宿泊地・見どころなどの詳細はこちら

 ↑カポナータ[イメージ]

■古代遺産の宝庫・シラクーサに2、中世ノルマン朝の都・パレルモに3、『シチリアの宝石』タオルミナに2です。3都市連泊のゆとりある旅程です。

聖なる洞窟教会『聖ロザリア教会』にもご案内します。

ウニのパスタ、シチリアの郷土料理アランチーニ、シチリアを代表するデザート・カンノーロシチリア風カポナータなど、シチリア島の美味をお楽しみください。シチリア島のローカルフード・イワシのベッカフィーコもご用意しました。また、チョコレートの町・モディカにもご案内します。

 ↑カンノーロ[イメージ]

 

 ↑世界遺産モンレアーレ

 ↑モンレアーレの回廊

 ↑聖なる洞窟教会「聖ロザリア教会」(ペッレグリーノ山)

守護聖者たちに守られた島 シチリア島

 古代から数多くの歴史の舞台として登場してきたシチリアは、古代ギリシャの時代以前から女神に愛され、その後、キリスト教の時代に移行すると多くの聖女たちに守られてきました。シチリア第一の都市パレルモは、16世紀にパレルモで生まれたロザリアがペストの猛威から街を救い、そして聖女になったといわれます。また、古代から噴火を続けるエトナ山の麓カターニアでは、聖女アガタが人々の被害から守るといわれます。古代ギリシャの中で最も名声の高かった都市のひとつであるシラクーサは、キリスト教迫害時代になると聖ルチアが守護聖人となりました。ナポリの民謡で知られる「サンタ・ルチア」の歌は、この聖ルチアを歌ったものです。ルチアの名前の由来は「光明」から来ており、今では民間信仰と融合し、1224日の冬至の時期に「聖ルチア祭」が祝われます。光を告げる使者として現在でも人々の心に生き続けている聖ルチアをはじめ、多くの聖女たちに守られ愛された島に是非足を運んでみてください。

 

【中世ノルマン朝の都・パレルモには3連泊いたします】

 ↑世界遺産ノルマン王宮(パレルモ)

 ↑欧州のオペラ座で最大規模の「マッシモ劇場」(パレルモ)

 ↑シチリア州立美術館『受胎告知のマリア』(パレルモ)

↑マルトラーナ教会(パレルモ)

↑聖なる中世都市エリチェ

↑カルタゴ遺跡の島・モツィア島

↑トラパーニの塩田

 

映画『ニューシネマ・パラダイス』の舞台 チェファルー

 チェファルーは、シチリア島北部の小さな港町です。この町はティレニア海に面しており、背後には荒々しい山が聳えています。海と山に挟まれているという地理的な条件もあり、この町へのアプローチはとても印象的です。可愛らしいお店が並ぶ町のメインストリートのルジェーロ通りから海辺に向かって家々がぎっしりと並ぶ小路を歩くと、昔と変わらない人々の生活を目にする事が出来ます。海辺から見る煉瓦色の家々が並ぶチェファルーは、まるで絵はがきのようです。この町は映画「ニューシネマ・パラダイス」の駅のシーンで登場しています。素朴で心温まる町・チェファルーの風景は心に染み入ることでしょう。

↑ 『ニューシネマ・パラダイス』の舞台 チェファルー

↑ チェファルーとティレニア海

↑神殿の谷(アグリジェント)

↑世界遺産の神殿の谷(アグリジェント)
 

【シチリアの美食もお楽しみください】

↑お米に具を詰めて揚げた郷土料理「アランチーニ」(イメージ)

↑シチリアのローカルフード「イワシのベッカフィーゴ」(イメージ)

↑シチリア風カポナータ(イメージ)

↑ウニのパスタ(イメージ)

↑シチリアを代表するデザート「カンノーロ」(イメージ)

↑リモンチェッロ(イメージ)
 

【古代地中海の大都市シラクーサに連泊】

↑オルティージャ島(シラクーサ)

↑デュオニシオスの耳(世界遺産シラクーサ考古学地区)

↑カラヴァッジオ『聖女ルチアの埋葬』(シラクーサ・聖ルチア教会)
 

↑世界遺産カザーレ荘(ピアッツァ・アルメリーナ)

↑世界遺産サンタマリア・デル・モンテの大階段(カルタジローネ)

↑大階段の絵タイル(カルタジローネ)

↑『イタリアの美しい村』 カスティリオーネ・ディ・シチリア

 

【シチリア・リビエラのタオルミナにも連泊です】

↑エトナ山(タオルミナ)

↑ギリシャ劇場跡(タオルミナ)

↑イソラ・ベッラ(タオルミナ)

↑タオルミナ

 シチリア・リビエラ~タオルミナの休日

シチリア島のタオルミナは、映画「グラン・ブルー」の舞台となった美しい街です。この街の歴史は大変古く、旧市街にはギリシャ時代からの建築物も残っており、その一つギリシャ劇場からは、青い海とエトナ山のパノラマがご覧いただけます。メインストリートのウンベルト通りには、お洒落なお店やカフェが並んでいます。ぶらぶら散策したり、ユネスコ世界無形遺産のプーピー(操り人形)や、アーモンドワイン、リモンチェッロ(レモン・リキュール)などのシチリアのお土産を探してみてはどうでしょうか。また、お天気がよければ、ロープウェイにて海岸線へ下り、ボートでシチリア島の青の洞窟へ出かけたり、モンテ・タウロへ登ってみるのもお薦めです。バカンス客が一段落した静かで美しいタオルミナの休日をお楽しみください。

↑ギリシャ劇場跡・イオニア海・エトナ山(タオルミナ)
 ツアースケジュール・宿泊地・見どころなどの詳細はこちら