2019/10/29発
ミシシッピ川沿いに見つける「本物のアメリカ」の旅 10日間

2019/10/29発ミシシッピ川沿いに見つける「本物のアメリカ」の旅 10日間

 2019年10月29日(火)発~11月7日(木)着  10日間…¥598,000

一人部屋利用追加料金 ¥88,000

 

 ミシシッピ・リバー・カントリー(ミシシッピ川流域の中西部10)はアメリカの中心地に位置しています。これらの土地を訪れることなくアメリカ合衆国を理解することはできないでしょう。ミシシッピ川はミネソタ州北部から始まり、ルイジアナ州でメキシコ湾に流れ出ています。この大河はアメリカの主要な都市をつなぎ各地の文化の架け橋となっています。ジャズロックンロールブルースなどの音楽はミシシッピ川流域で生まれ、南北戦争跡地や『風と共に去りぬ』の舞台となったような歴史的なプランテーション群はミシシッピ川南部に点在しています。

 この旅では、イリノイ州ミズーリ州テネシー州ミシシッピ州、そしてルイジアナ州5州を巡り、「本物のアメリカ」をご堪能いただきます。アメリカの真の精神が今も残るミシシッピ・リバー・カントリーの滞在をお楽しみください。

バーボンストリート(ニューオリンズ)

プランテーションホール(ニューオリンズ)

■イリノイ州~雄大な川の流れと緑豊かな風景に出会う

緑豊かな丘をバックに、貨物船が行き交う大きな川の流れが実にダイナミックなミシシッピ川中流。川のイリノイ州側には、ふと立ち止まりたくなるような趣ある町が続き、訪れる人を飽きさせません。また、世界遺産の遺跡が古くからこの地が物流の要所だったことを今に伝えています。

■ミシシッピ州~古きよきアメリカ南部の面影を探して

古き良きアメリカ南部の面影を今に伝えるミシシッピ州。アメリカの音楽を語る上で欠かせないブルースは、「ミシシッピ・デルタ」と呼ばれるこのエリアで誕生しました。歴史的な建造物や南北戦争の戦跡などバラエティー豊かな見どころの土地としても知られています。

■ルイジアナ州~豪華なプランテーションに思わずため息

大河ミシシッピの河口地帯に位置するニューオリンズは、ヨーロッパの雰囲気を色濃く残す魅力溢れる町です。川沿いには、かつてこの地で栄えた綿花栽培で財を成した農園主たちの邸宅「プランテーション・ハウス」があります。その規模の大きさや豪華さは繁栄を極めた時代を映し出しています。

【アメリカ音楽発祥の地・メンフィス】

 エジプトの古代中心都市メンフィスに因んで名付けられたメンフィスはアメリカ合衆国テネシー州西南部、ミシシッピ川に面する都市で同州最大の都市です。人口は約65万人ですが、そのうち61%をアフリカ系住民が占めます。19世紀後半に綿花の集散地として発展しました。一方でミシシッピ・デルタでの過酷な労働を強いられた黒人たちが多数いたことも事実です。綿花で働く黒人たちが生み出したブルースや、さらに発展したソウル音楽などが、まさにメンフィスをアメリカ音楽のふるさとにしました。今日でも綿花の集散地であると共にR&Bの都として知られています。

 ★ツアースケジュール、宿泊地、見どころなどの詳細はこちら