2020/02/24発 ドイツ浪漫紀行 11日間
【千歳・ヘルシンキ フィンランド航空直行便利用】

2020/02/24発 ドイツ浪漫紀行 11日間【千歳・ヘルシンキ フィンランド航空直行便利用】

(ニュルンベルク)

2020年2月24日(月)発~3月6日(金)着  11日間…¥472,000

一人部屋利用追加料金 ¥59,000

 

◆ドイツには歴史的背景により、英国のロンドンやフランスのパリといった一極集中の大都市がなく、東西南北それぞれの地方の特色が息づいた国です。バイエルンライン地方ザクセンと個性的で美しい地方都市を訪れることにより、より深くドイツの魅力を感じていただけることでしょう。旅の最後は帝都ベルリンでの連泊です。歴史的な中世ドイツから21世紀のドイツへと、この国が持つ様々な顔をご覧いただきます。

◆ドイツ中世都市を代表するニュルンベルク、大聖堂の町ケルン、そしてミュンヘンベルリンにそれぞれ連泊のゆとりの日程です。

(ニュルンベルク)

(ケルン)

ローカル鉄道を利用し、ベートーヴェンの町ボンや世界遺産バンベルクといった小都市にもご案内します。

(ボン)

 

【2日目 ミュンヘン→ヴィース→ノイシュバンシュタイン城→ミュンヘン】

ロマンチック街道『ヴィース巡礼教会』

世界遺産『ヴィース巡礼教会』

ノイシュバンシュタイン城(新白鳥城)

 

【3日目 ミュンヘン→ニュルンベルク】

マリエン広場(ミュンヘン)

アルテ・ピナコテーク絵画館(ミュンヘン)

『ホーフブロイハウス』(昼食/イメージ)

名物ニュルンベルク・ソーセージ(夕食/イメージ)

 

【4日目 ニュルンベルク→バンベルク→ニュルンベルク】

カイザーブルク(ニュルンベルク)

古城街道の皇帝都市ニュルンベルク

画家デューラーの家(ニュルンベルク)

世界遺産バンベルク

古城街道バンベルクのレグニッツ河畔

 

【5日目 ニュルンベルク→ローテンブルク→ケルン】

ロマンチック街道のローテンブルク

ローテンブルク

ケーテ ウォールファールト(ローテンブルク)

 

【6日目 ケルン→ボン→ケルン】

ライン川とケルン大聖堂

フィッシュマルクトと聖マルティン教会(ケルン)

ベートンヴェン像(西ドイツの旧首都・ボン)

 

【7日目 ケルン→マイセン→ドレスデン】

アルブレヒト城[大聖堂]とエルベ川(マイセン)

ブルーオニオンでお馴染みのマイセン磁器(イメージ)

マイセン焼工房

ザクセンの都・ドレスデン

ゼンパー・オーパー(ドレスデン)

 

【8日目 ドレスデン→ポツダム→ベルリン】

劇場広場(ドレスデン)

ツヴィンガー宮殿(ドレシデン)

ツヴィンガー宮殿(ドレシデン)

アルテ・マイスター絵画館(ドレスデン)

アルテ・マイスター絵画館(ドレスデン)

マイセン焼きタイルの『君主の行列』(ドレスデン)

世界遺産ツィツィーリエンホーフ宮殿(ポツダム)

ツィツィーリエンホーフ宮殿のポツダム会談の部屋(ポツダム)

世界遺産サンスーシ宮殿の庭園(ポツダム)

ベルリン名物『アイスバイン』(夕食/イメージ)

ブランデンブルク門(ベルリン)

 

【9日目 ベルリン滞在】

小トルコ・ペルガモン『ゼウスの大祭壇』(ペルガモン博物館)

バビロン『イシュタール門』(ペルガモン博物館)

バビロン『御成門通り』(ペルガモン博物館)

小トルコ『ミレトスの市場門』(ペルガモン博物館)

ジャンダルメンマルクト(ベルリン)

イーストサイド・ギャラリー『ベルリンの壁』(ベルリン)

シュプレー川クルーズ(ベルリン/イメージ)

 

 ★ツアースケジュール・宿泊地・見どころなどの詳細はこちら