2019/12/27発【千歳・ヘルシンキ フィンランド航空直行便利用】
海のアルプス・ ロフォーテン諸島と絶景のセニヤ島
~オーロラ観賞の旅 11日間【年末年始/催行決定】

2019/12/27発【千歳・ヘルシンキ フィンランド航空直行便利用】海のアルプス・ ロフォーテン諸島と絶景のセニヤ島~オーロラ観賞の旅 11日間【年末年始/催行決定】

ハムン・イ・セニヤ(イメージ)

2019年12月27日(金)発~2020年1月6日(月)着  11日間…¥697,000

一人部屋利用追加料金 ¥98,000

■オーロラが出現しやすいオーロラ・ベルトの最良の地域を周ります。

計7回のオーロラ・チャンスがありますので、過去も90%近い確率で、素晴らしいオーロラがご覧いただけております。

■ノルウェーの海は氷結しません。オーロラとフィヨルドが同時に楽しめる絶好の条件が揃っています。同時期の北海道よりも温暖で、オーロラの出始める時間帯も19時頃となっており、北米よりも早めです。

■北ノルウェー文化を代表するロルブー(舟宿)や、ノルウェー海の入り江に佇む絶景のホテル『ハンム・イ・セニヤ』にご宿泊いただきます。絶好のオーロラスポットにそれぞれ連泊です。

ノールランストーク鉄道パノラマ列車(オフォト鉄道)にて、ロンバックス・フィヨルドなどスカンジナビア半島最深部の大自然もお楽しみください。

■北極圏最大の街「北極圏のパリ」トロムソに連泊。美しい町の散策をお楽しみください。

■オーロラ鑑賞だけでなく、ネイチャー・ウォッチング・クルーズなど、日中の観光もお楽しみいただけるコースです。

[上2枚:2016年のツアーより]

はじめは小さな光の筋ですが…(以下、写真は全てツアー中の添乗員による実写ですが、全てイメージとしてご理解ください。)

みるみるうちに、光りは形を変えていきます。

 

■ノルウェー海の入り江に佇む絶景のセニヤ島のホテル『ハムン・イ・セニヤ』に連泊いたします■

 

 

驚異海洋フィヨルド・ロフォーテン諸島

 

ロフォーテン諸島は、ノルウェーの北部、北極圏内に位置する大小いくつもの島から形成される群島です。氷河によって形成された地形は、海と山が近接する独特なフィヨルドを形成しています。海から岩肌をむき出した山が屹立し、海と山の間のわずかな平地に建てられた色とりどりの木造家屋が織なす風景は「アルプスの頂きを海に浮かべたかのような景色」、「写真家のあこがれの地」と言われています。2月のロフォーテン諸島は、とても静かで深い青色の海から突き出た千メートル級の岩峰群がうっすらと雪を被り、より美しく神秘的な雰囲気を醸し出しています。「まるで絵はがきの中に入って行くような」と形容される世界をご覧いただけるでしょう。そしてこのコースは、ロフォーテン諸島をはじめとする素晴らしい自然はもちろん、同時に夜はオーロラ鑑賞をお楽しみいただけます。フィヨルドの夜空に次々と形を変えて舞うオーロラは本当に感動的です。北部ノルウェー文化を代表する「ロルブー(舟宿)」でのご宿泊もお楽しみください。

 

ロフォーテン諸島は、干しタラが名産です。

ロフォーテンの美味「タラの下顎のヒライ」もご賞味いただきます。

 

『海のアルプス』と賞される冬のロフォーテン諸島は、「まるで絵葉書の中に入って行くような」風景がお楽しみいただけます。

(ヘニングスヴァール)

 

夕焼けも美しいのです。

 

ノルウェーの伝統的な漁師たちの舟宿・ロルブーを改築したホテルにも2泊いたします。オーロラ観賞の絶好なロケーションです。

 

 

トロムソ・北極大聖堂[写真提供:VISIT TROMSO(トロムソ市観光局)]

トロムソ夜景(イメージ)[写真提供:VISIT TROMSO(トロムソ市観光局)]

「北極圏のパリ」 トロムソでも、たっぷりとオーロラチャンスがございます。

 ★ツアースケジュール・宿泊地・見どころなどの詳細はこちら