2019/02/28発
ボリビア周遊と雨季のウユニ大塩湖滞在の旅 13日間

2019/02/28発ボリビア周遊と雨季のウユニ大塩湖滞在の旅 13日間

2019年2月28日(木)発~3月12日(火)着   13日間…¥746,000

一人部屋利用追加料金 ¥75,000

■高度に順応するため、標高400mのサンタクルスから徐々に高度を上げてまいります。さらにサンタクルス・スクレ間、ウユニ・ラパス間は航空機を利用いたしますので、その点でも多少お身体にやさしい日程となっております。

■雨季のウユニ湖では、どこまでも続く純白の極限の世界がお楽しみいただけます。

■ウユニ塩湖の塩のホテルに3連泊。雨季ならではの湖面に映った満天の星空もお楽しみください。星空が楽しめる新月に近い日での設定です。

■ウユニでは四輪駆動車は3名様で1台利用です。お身体も楽ですし、風景も楽しめます。

ウユニ塩湖(魚の島)

AA

ラパス夜景

AA

■天空の神秘・ウユニ塩湖■

南北100km、東西250kmに渡り広大な面積を有する、神秘の湖・ウユニ塩湖。もともとは海洋プレートが大陸プレートの下に沈み込んでアンデス山脈が形成されましたが、その際に大量の海水も一緒に地上へと持ち上げられ、長い年月の末、塩湖が完成しました。ほとんどの場合、湖は川となり雨水で薄まってしまうことから塩が残ることは可能性として非常に少ないのですが、ウユニの土地には流出する川を持たなかったこと、標高3,660mで乾燥した気候であったこと、そして高低差50cmという「世界で最も平らな土地」だったことで、水中に溶けた塩分は乾燥することで塩となり、毎年これを繰り返すことで世界でも稀な美しい塩湖が形成されることとなりました。

 

ウユニの星空

元気玉?

 ★ツアースケジュール、宿泊地、見どころ、などの詳細はこちら