2019/02/06発
美食の都サンセバスチャン、ビルバオ滞在と
 フレンチ・バスクの美しい村 10日間

2019/02/06発美食の都サンセバスチャン、ビルバオ滞在と フレンチ・バスクの美しい村 10日間
ピラール聖母教会(サラゴサ)

ssaa

2019年2月6日(水)発~2月15日(金)着  10日間…¥499,000

一人部屋利用追加料金 ¥78,000

aaa

aaa

■美食の町サンセバスチャンのバルとタパス■

aaaaaaassssssssssssssssssssaaaaaaaa    sssssss   aaaaaaaaaaaaassaaaaaaaaaaaaaaaa(写真上:スペイン政府観光局)

~◆~◆~ ガストロノミーの都 ~◆~◆

aaaa

 サンセバスチャンが観光都市として生まれ変わったきっかけはマリア・クリスティーナ王妃によります。海水浴を楽しむため、王妃は1893年より当地を避暑地とし、サマーシーズンには家族全員を引き連れてここを訪れるようになりました。そのおかげで、サンセバスチャンはスペイン宮廷、特権階級、貴族階級の人たちのお気に入りの避暑地となったのです。宮廷の人たちを楽しませようと、サンセバスチャンは一見してフレンチスタイルと分かる一連の荘厳な建物と数々の観光スポットで埋め尽くされました。

 現在、人口約18万人ののどかで親しみやすいサンセバスチャン。安全で整備が整ったこの街は、徒歩での観光に最適な規模で、街の造りは碁盤の目のようになっており、観光客にも非常に分かりやすく街の散策も楽しめます。小規模ながらこの街を世界的に有名な地位に押し上げたきっかけは、当地の美食文化をおいて他にありません。伝統的なバスク料理と西洋料理を見事に融合させ、多くの著名なシェフたちによって16ものミシュラン星付レストランを持つ街となりました。これは美食大国フランスのパリとほぼ同じ数です。また、新鮮な素材を生かした無数のバルでは、ピンチョスをつまみ、ワインをいただく地元の人々の笑い声で溢れ、ゆったりとした時間を与えてくれます。

 

あああ

サンセバスチャン

ピレネー山中(イメージ)[写真:アキテ-ヌ地方観光局]

エスプレット村[写真:アキテーヌ地方観光局]

aaa

ウエスカ大聖堂

サンペドロ・エル・ビエホ修道院(ウエスカ)

aaa

ピラール聖母教会

ピラール聖母教会屋上から(サラゴサ)

aaa

ガウディ建築「エル・カプリッチョ」(コミージャス)

スペインの美しい村の一つ「サンティジャーナ・デル・マル」(写真:スペイン政府観光局)

aaa

グッゲンハイム美術館(ビルバオ)

グッゲンハイム美術館(ビルバオ

 

 ★ツアースケジュール、宿泊地、見どころ、などの詳細はこちら