2018/11/06発
世界自然遺産・小笠原諸島の旅

2018/11/06発世界自然遺産・小笠原諸島の旅

11月6日(火)発~11月11日(日)着…¥395,000

 

小笠原諸島は、東京から約1,000km南にある、30あまりの島々の総称で、島の誕生以来、大陸と陸続きになったことのない海洋島です。緯度は沖縄とほぼ同じで、亜熱帯に位置します。気候は亜熱帯性気候に属し、四季を通して温暖多湿で年間平均気温は23℃。冬季でも18℃で、雪や霜を見ることはまったくありません。また、海を越えて辿りついた生物は独自の進化を遂げたため、小笠原にしかいない固有生物の割合が高く、植物で36%、昆虫類で28%、陸産貝類では94%にもなります。その貴重で珍しい生態系が評価され、2011年には日本で4番目の世界自然遺産に登録されました。
 今回は、2016年に運航を開始した新造船・おがさわら丸に乗船し、雄大な自然が堪能できる小笠原を訪ねます。父島にゆったり3連泊し、なかなか訪れることの少ない母島へもご案内します。台風シーズンの終わった11月に設定しました。地球を学ぶ小笠原の旅、是非ご参加ください。

 

 ★ツアースケジュール、宿泊地、見どころ、などの詳細はこちら