2022/09/19発
南信州の美しき自然を訪ねて
~阿寺渓谷・上高地・赤そばの里の旅 5日間

2022/09/19発南信州の美しき自然を訪ねて~阿寺渓谷・上高地・赤そばの里の旅 5日間

2022年9月19日(月)発~9月23日(金)・・・¥294,000

一人部屋追加料金¥41,000

 

 

 

ツアーのポイント

■ピンクの「赤そばの花」、紫の「エゾリンドウ」、バラエティに富んだ花色の「ダリア」と、秋の花を楽しむ旅です。

木曽谷を北上し、伊那谷を南下し、阿寺渓谷から、木曽川、御嶽山、入笠高原、木曽駒ケ岳、富士見台高原、そして天竜峡まで南信州の自然を楽しみます。

■明治の偉人たちにも愛された上高地の滞在や、旧中山道の宿場町の観光も楽しみます。


 

 ★ツアースケジュール・宿泊地・見どころなどの詳細はこちら

 

日本画の巨匠・東山魁夷が、その景色からインスピレーションを得たと言われる静寂の池「御射鹿池」。周囲の光景を鏡のように映し出し、澄んだ水面に木々の緑や空の色がそのまま映り込む幻想的な雰囲気をお楽しみください。

御射鹿池(長野県茅野市)

 

天竜川の流域の中でも、両岸に聳え立つ大岸壁や奇岩により山水画を彷彿させる奇勝絶景の天竜川随一の名勝地天竜峡で、天竜ライン下りをお楽しみいただきます。

天竜奥三河国定公園『天竜ライン下り』

 

木曽谷渓流美~阿寺渓谷『阿寺ブルー』

 北に御嶽山、東に中央アルプスがそびえる山間の地・大桑村にある阿寺渓谷。 木曽川支流の阿寺川沿いにあり、『阿寺ブルー』と呼ばれる清流と淵、滝などがあります。「六段の滝」など見どころも豊富で、涼しげな川沿いを散策しながら素晴らしい渓谷美が楽しめます。
 川の色は岸から見ると、エメラルドグリーンにも近いのですが、上から見るとまさにブルー。これは「透明度」がある証拠です。四国・仁淀川の『仁淀ブルー』 に引けを取らない渓流美です。太陽の光加減などで色が変わるため、阿寺渓谷へ訪れるのは当然、晴れた日がおすすめ。今回は比較的に天候の安定する9月下旬の設定です。

木曽川の支流『阿寺渓谷』(長野県 大桑村)

 

中央アルプス赤そば里~青空がる一面ピンク色お花畑

 そばの原産地がヒマラヤ一帯のため、その類似の気候風土により古くから日本屈指のそばの名産地となった信州。秋には長野県の至る所で白いそばの花をご覧いただけます。今回訪れる信州伊那高原にある標高900mの赤そばの里でも、9月下旬から10月上旬にかけて視界いっぱいに広がるそばの花が楽しめます。
 一般的によく知られているそばの花は白い花を咲かせますが、この赤そばの里で見られるそばの花は、昭和の後半に遊休地の活用と名物作りのためにヒマラヤから直接持ち帰り、品種改良を施し植えられた『高嶺ルビー』という品種で、可憐なピンク色の花を咲かせます。その花も日を追うごとに少しずつ濃い赤に染まっていくため、日々違う姿で訪れた人を楽しませてくれます。東京ドームほどの広さの広大な花畑の中を整備された道を歩き、秋の心地よい風に吹かれながら、一面赤い絨毯のように華麗に咲き乱れるそばの花をお楽しみください。

赤そばの里(長野県 箕輪町)

入笠湿原(長野県 富士見町) 高原の秋を彩る山野草『リンドウの花』

 

日本最長宿場町~中山道「奈良井宿」

 長野県塩尻市奈良井にある中山道・木曽路『奈良井宿』は、日本最長の宿場町です。その長さは中山道沿いに南北約1km、東西約200mにわたっています。南北両端には神社が、町並みの背後の山裾に五つの寺院(奈良井五ヶ寺)が配されています。
木曽11宿の中では最も標高が高く、難所の鳥居峠を控え、多くの旅人で栄えた宿場町は「奈良井千軒」と謳われました。NHK連続テレビ小説『おひさま』のロケ地としても使用され、現在も重要伝統的建造物群保存地区として当時の町並みが大切に保存されています。

 

中山道『奈良井宿』(長野県 塩尻市)

日本初の重要伝統建造物群保存地区『妻籠宿』も散策します。

 

ご利用ホテル[確定]

■木曽上松/ねざめホテル[洋室利用]   

 名勝「寝覚の床」のすぐ近く。全26室。あちらこちらに木曽ヒノキを使用した明るい館内です。大浴場は天然の薬石を原料としたトロン温泉です

■上高地/上高地ホテル「白樺荘」 [洋室利用]   

 世界に誇る眺望と最高のおもてなしの、神秘の森にたたずむ「和のホテル」で上高地をご堪能ください。アルプスの天然水を使い、 丸太をあしらって、木製の桶や椅子を置いた癒しの浴室『木漏れ日の湯』(共同浴場)もございます。お部屋は穂高側または焼岳側の洋室利用です。

明治以来の高原リゾート・上高地『河童橋』

■蓼科温泉/蓼科グランドホテル「滝の湯」[洋室利用]   

 伝統の名湯・蓼科温泉の2つの源泉を満喫いただける、滝ノ湯川を眼下に臨む「渓流露天」、滝の湯のシンボルである滝を眺められ るゆったりした「庭園大浴場」、「貸切風呂」の3つのお風呂があります。川のせせらぎを感じられる清涼感あふれるお部屋です。

■天竜峡/花薫る宿「よし乃亭」[和室利用]

 天竜川を眼下に望む、南アルプス山懐にあり、雄大な天竜川を見渡せる眺望が自慢です。お食事は信州の滋味を集めた前菜など彩りよく大変好評です。

※上記ホテル又は同等クラスとなります。


 

 ★ツアースケジュール・宿泊地・見どころなどの詳細はこちら