海外渡航について

海外渡航について

 ※外務省webサイトより抜粋

 

5月20日、本年6月以降の新型コロナウイルス感染症に関する水際措置の見直しの詳細が公表されました。措置の概要は以下のとおりです。

(注:極力、パスポート以外の書類が必要のない渡航先を選定しております/㈱世界紀行)

 

 

1.入国時検査及び入国後待機期間の見直し

オミクロン株に関する知見、各国・地域における流行状況、日本への流入状況などのリスク評価、ワクチンの有効性等を踏まえ、各国・地域からの流入リスクを総合的に勘案し、本措置に基づく別途の指定に沿って、下記の措置を実施します。

 国・地域を「」・「」・「」の3つに区分し、

(1)「」区分の国・地域からの帰国者・入国者については、入国時検査を実施した上で、検疫所が確保する宿泊施設での3日間待機を求め、宿泊施設で受けた検査の結果が陰性であれば、退所後の自宅等待機を求めないこととします。このうち、ワクチン3回目接種者については、宿泊施設での待機に代えて、原則7日間の自宅等待機を求めることとし、入国後3日目以降に自主的に受けた検査の結果が陰性であれば、その後の自宅等待機の継続を求めないこととします。

(2)「」区分の国・地域からの帰国者・入国者については、入国時検査を実施した上で、原則 7日間の自宅等待機を求めることとし、入国後3日目以降に自主的に受けた検査の結果が陰性であれば、その後の自宅等待機の継続を求めないこととします。このうち、ワクチン3回目接種者については、入国時検査を実施せず、入国後の自宅等待機を求めないこととします。

(3)「」区分の国・地域からの帰国者・入国者については、ワクチン3回目接種の有無によらず、入国時検査を実施せず、入国後の自宅等待機を求めないこととします。

 

現在の水際対策強化に係る新たな措置(28)に基づく国・地域の色分け区分についてはこちら(PDF)

 

2.入国後の公共交通機関の使用について

入国後24時間以内に自宅等待機のために自宅等まで移動する場合に限り、引き続き、自宅等待機期間中であっても公共交通機関の使用を可能とします。

3.措置の詳細は、以下の別紙を参照してください。

「水際対策強化に係る新たな措置(28)」
https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdf2/0520_28.pdf

 


日本出国前の手続き

 

1 | 新型コロナワクチン接種証明書の取得

ワクチン接種証明書には「紙の証明書」と「デジタル証明書」の2種類があります。渡航先によって求める証明書の種類が異なるケースがありますので、どちらも取得しておく事をお勧めします。
ワクチン接種証明書は、日本帰国時の検査・待機免除に必要となる他、渡航先の入国や待機措置免除のために必要な場合がございます。3回の接種を終えていないと、ワクチン接種完了者とみなされない国もあります。

▼紙のワクチン接種証明書の取得方法
住民票を登録している市町村窓口への申請となります。詳細は各自治体(市役所など)のWebサイト等を確認してください。
※必要な物:①各自治体の申請書、②海外渡航時に有効なパスポート、③ワクチン接種済証の写し、④本人確認書類(運転免許証や健康保険証など住所のわかるもの)

▼デジタルワクチン接種証明書の取得方法
スマートフォン専用アプリでの申請となります。詳細はデジタル庁Webサイトをご覧ください。
※必要な物:①マイナンバーカード+暗証番号4桁、②海外渡航時に有効なパスポート

 

2 | PCR検査の陰性証明書の取得 (渡航先で必要な場合のみ)

「ワクチン接種証明書」のみを求める国が増えていますが、「PCR検査の陰性証明書」の提出が必要となる国もあります。その場合は、日本出発の72時間~48時間前以降(アメリカは1日前以降)に受検し、英文併記された証明書が必要です。
検査機関や、受検する時間帯によって、同日~翌日に発行される所がほとんどです。
検査料・陰性証明書発行料は検査機関によって15,000円~45,000円程度と様々です。

 

3 | スマートフォンの準備

渡航先によって、Web上での健康状況、ご利用のフライト情報などの報告、ワクチン接種証明書や陰性証明書を特定のアプリにアップロードするなどの作業が必要な場合もあります。


※より詳しいご案内は厚生労働省Webサイトをご覧ください。