2020/10/21発
「神話のふるさと」 秋の宮崎・古代日向の旅 5日間

2020/10/21発「神話のふるさと」 秋の宮崎・古代日向の旅 5日間
 ↑高千穂峡[イメージ]

2020年10月21日(水)発~10月26日(月)着  5日間…¥268,000

一人部屋利用追加料金 ¥39,000
3名一室利用:¥3000引き

 

 ツアースケジュール・宿泊地・見どころなどの詳細はこちら

☆☆☆ 当ツアーでご案内する観光スポット ☆☆☆

◆国の天然記念物の波状岩鬼の洗濯板
◆海幸山幸神話に因み、1200年以上も前からあると伝わる青島神社
◆日向灘に面した自然の洞窟の中に朱塗りの本殿が建つ鵜戸神宮
『九州の小京都』 飫肥
◆『日本100名城』 飫肥城
◆『日本の滝100選』幅40mの大滝・関之尾の滝
6世紀に造られ、瓊々杵尊を祀る、天孫降臨の霧島神宮
◆霧島48湖のうち最大の火口湖・御池
◆約100万本のコスモスが見渡す限り高原を埋め尽くす生駒高原[霧島山]
◆「よろず生産の神」陰陽石
◆綾川渓谷に架かる高さ142m、全長250mの吊橋・綾の照葉大吊橋
◆神武天皇とその父母を祀る宮崎神宮
◆文化庁『風土記の丘』第一号・西都原古墳群
◆宮崎の隠れ名物「はにわ園
◆柱状節理の断崖絶壁が続く日向岬の馬ケ背展望所
◆巨大な岩礁が十字に切り裂かれたクルスの海
神武東征の出航の地・美々津
◆高千穂の雲海の地・国見ヶ丘
◆天照大神が隠れた天岩戸を御神体として祀る天岩戸神社
◆八百万の神々が集った天安河原
◆高千穂八十八社の総社・高千穂神社
◆山頭火「分け入っても分け入っても青い山」の歌碑
高千穂あまてらす鉄道乗車
◆天然記念物・高千穂峡(『日本の滝100選』真名井の滝と柱状節理の五ヶ瀬川渓谷
◆天孫降臨の地・三ヶ所神社(「近世大工の贈り物」とされる74体の彫刻)

↑綾の照葉大吊橋[長さ250m・高さ142m]

 

☆☆☆宮崎のお食事もお楽しみください☆☆☆

◆解禁された旬の宮崎イセエビ
◆『飫肥天茶屋』でのご昼食
◆『小林地鶏の里』にて地鶏料理
◆『隠れ里の懐石料理わらしべ』にて懐石料理
◆『日向はまぐり碁石の里』にてご昼食
◆『あららぎの茶屋』にてご昼食

↑クルスの海

 

【1日目:青島→日南海岸】

↑国の天然記念物「鬼の洗濯岩」
↑旬の「宮崎イセエビ」をご賞味ください(イメージ)

↑山幸彦と海幸彦に因む「青島神社」

 

【2日目:日南海岸→飫肥→霧島温泉】

↑ウガヤフキアエズノミコトを祀る鵜戸神宮[日向灘]

↑『九州の小京都』 飫肥

↑「日本100名城」 飫肥城

↑「飫肥天茶屋」にて昼食です

↑幅40mの大滝「関之尾の滝

↑『天孫降臨』 神話に由来する「霧島神宮」

 

【3日目:霧島温泉→生駒高原→宮崎】

↑火口湖・御池と霧島連山

↑約100万本のコスモスが埋め尽くす生駒高原[霧島山]

↑遊歩橋としては世界一の高さ「綾の照葉大吊橋」

↑「隠れ里の懐石料理 わらしべ」にて懐石料理の夕食です[宮崎市]

 

【4日目:宮崎→日向→美々津→高千穂】

↑神武天皇を祀る「宮崎神宮」

↑宮崎の隠れ名物「はにわ園」 [宮崎市]

↑馬ケ背 [日向岬]

↑クルスの海 [日向岬]

↑神武東征の出航の地「美々津」

 

【5日目:「神々の里」 高千穂滞在】

↑高千穂の雲海[国見ケ丘](イメージ)

↑天岩戸神社

↑「高千穂あまてらす鉄道」乗車

↑「日本の滝100選」 真名井の滝

↑国の天然記念物「高千穂峡」

↑「近世大工の贈り物」 三ケ所神社の木彫

 

 

 ツアースケジュール・宿泊地・見どころなどの詳細はこちら