2020/10/26発【悠久の歴史と美食の島】
地中海の十字路 シチリア島紀行 10日間

2020/10/26発【悠久の歴史と美食の島】地中海の十字路 シチリア島紀行 10日間

2020年10月26日(月)発~11月4日(水)着 10日間…¥450,000
一人部屋利用追加料金 ¥52,000
(羽田発着:¥440,000)

■古代遺産の宝庫・シラクーサに2泊、中世ノルマン朝の都・パレルモに3泊、『シチリアの宝石』タオルミナに2泊です。3都市連泊のゆとりある旅程です。
■ウニのパスタ、シチリアの郷土料理アランチーノ、シチリアを代表するデザート・カンノーロ、シチリア風カポナータなど、シチリア島の美味をお楽しみください。シチリア島のローカルフード・イワシのベッカフィーゴもご用意しました。

Read More

Column
『歴史と音楽とグルメの古都』ボローニャのレンガ色の中世の街並み

Column『歴史と音楽とグルメの古都』ボローニャのレンガ色の中世の街並み

世界最古の大学、2つの斜塔、世界最長の柱廊(ポルティコ)、多くの博物館と劇場、世界最古のオルガン、ロッシーニやワーグナー所縁の地、中世からのボローニャ料理と発泡性の赤ワイン・・・・・ボローニャの魅力は語りつくせません。

Read More

Column
フィンガルの洞窟

Columnフィンガルの洞窟

フィンガルの洞窟は、スコットランドのインナー・ヘブリディーズ諸島の無人島スタッファ島にある洞窟(海食洞)です。その大きさとアーチ状に曲がった天井、そして波のこだまが生みだす不気味な音色は天然の大聖堂のようで、古くは「歌の洞窟」と呼ばれていました。

Read More

Column
ラ・ブリーグ村のノートルダム・デ・フォンテーヌ礼拝堂

Columnラ・ブリーグ村のノートルダム・デ・フォンテーヌ礼拝堂

内陣に優美な手法で描かれた【聖母の生涯と幼子キリスト】、そして北面中央に描かれた【ユダの首吊り】が、必見です。ここに描かれたユダは心臓や肝臓など臓器を2つずつ持っており、彼の二面性を暗示しています。

Read More
1 2 3 4 9