Column
カリーニングラード ~ プロイセンの都『ケーニヒスベルク』

Columnカリーニングラード ~ プロイセンの都『ケーニヒスベルク』

現在、カリーニングラードと呼ばれているケーニヒスベルク(「王の山」の意味)の街は、13世紀にドイツ騎士団(チュートン騎士団)の東方植民(北方十字軍、バルト十字軍)によって建設され、ハンザ同盟に所属するバルト海の貿易都市となりました。

Read More
1 21 22 23 24 25 27